生活習慣と管理と科学について

生活習慣を正しく管理することは、とても重要なことであり、生活習慣が乱れている、例えば甘いものばかりを食べ、運動などをしっかりと行わない、または栄養が偏っていて、しっかりとした栄養が取れていない人、このような習慣を行っている人は、科学的に見ても、例えば糖尿病などになりやすいとされています。

甘いものは、実際にとてもおいしく、科学的にも、甘いもの、例えばチョコレートなどをイライラした時に食べると、そのイライラ感がおさまり、脳が安定すると言われています。

ただ、その後には、イライラがまた再発するとも言われており、そのイライラをなくすために、さらに甘いものを食べ続ける、その結果太ってしまい、ますます動くこと、しっかりと運動などをすることが嫌になる…このような悪循環があるとされています。

このように生活習慣に問題があると、上記のような糖尿病などになりやすく、老後は透析などが必要なほど、またはインスリンを打つことが日常的になってしまうほど、体を蝕んでしまうことは、科学的にも警告がされていることであり、生活習慣の見直し、同時にしっかりとした生活習慣を送ることが、いかに大切かを教えてくれています。

一度、糖尿病などで悪くなってしまった腎臓などは、誰か他の人の腎臓などを移植してもらわない限り、腎臓が限界に陥ってしまった場合には、透析が必要不可欠という、悲しい、辛いことになってしまいます。

そうならないためにも、甘いものは出来るだけ控え、上記のように、しっかりと栄養などを管理した生活習慣を送ることで、老後なども楽しく、旅行なども夫婦そろって、またはお孫さんたちと楽しく行くことなどが出来ます。

このように、生活習慣の見直し、管理はとても大切です。