水分の摂取量と生活習慣病予防には水泳は効果的

生活習慣病の予防や、ダイエット目的で運動を始めようと思う方には水泳をお勧めします。
最近ではマラソンブームでジョギングを始める人が増えていますが、いきなり走り始めるのはなかなか大変です。しばらく走ると膝が痛くなったり、日焼けが気になってなかなか続かない人もいます。そういう方ほど水泳を行うのが良いでしょう。まずは泳げなくても結構です。プールまで来て歩くところからはじめましょう。
水の中は水によって抵抗があるために、ただ歩くだけでも地上の倍以上のカロリーを消費します。また水温が低いために、体を温めようと積極的にカロリーの消費を行うようになります。また、浮力があるために膝への負担はほとんどなく、故障の心配もありません。水中の中にいるということで、水によるリラックス効果が生まれ、日常のストレスからも解放されます。このようにまずは水の中で歩くだけでも、かなりの運動量になるので水分の摂取量には気を付けて下さい。
ある程度水にも慣れてきたら、今度は泳ぐ練習をしてみましょう。水泳の場合、推進力の半分以上は上半身を使って生み出します。普段はあまり負荷をかけることのない上半身、特に肩甲骨付近の筋肉に大きな力がかかるはずです。この筋肉は体の中でも表面積が大きく、体温調整にかかわる部分であり、食事をしたときに真っ先に発熱する筋肉でもあります。ここの筋肉を鍛えることで、食事をしたときにも、大きな発熱を行うようになり、カロリー消費量が増えます。その結果、自然とダイエット効果を生み出してくれます。それに肩回りの筋肉を動かすことで、肩周辺の血行を良くし、凝りをほぐしてくれます。
このように様々な効果をもたらしてくれる水泳で、あなたもすっきりしてみてはどうでしょうか。